ケンペネEnglishで英語が話せるようになったあとの裏話

ケンペネEnglishで英語が話せるようになったあとの裏話

2ヶ月後にネイティブとコミュニケーションが取れるようになる、と宣言するケンペネEnglish。最近では、このように豪語しながら違う結果になってしまう教材も増えていますが、ケンペネEnglishに限っては全くの嘘ではなく本当の話です。『ケンペネEnglishで英語が話せるようになった嘘みたいな本当の話』では、その理由について詳述しました。

ここでは、上述の記事で紹介しきれなかった私の経験談をお話したいと思います。ケンペネEnglishがもたらす裏の効果がわかる内容となっているので、参考になれば幸いです。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

知らない単語もスラスラと読めるようになった

知らない単語もスラスラと読めるようになった

「ケンペネEnglishを使えば2ヶ月で英語を習得できる」。その誘い文句で始めた私はレッスン後、本当に自分がネイティブになったのかと勘違いしてしまうほどに、英語を読むことができ、話すことができるようになっていました。英語が苦手だった私にとってそれだけでも喜ばしいことだったんですが、気がついたらケンペネEnglishで使われていない単語をスラスラと読めるようになっていたんです。

ケンペネEnglish特有のメソッド

ケンペネEnglishの授業では、主にカタカナ英語をネイティブが理解できるように発音する訓練を行います。そこで鍵となるのが、フォニックスと呼ばれる教育方法です。

単語の綴りと読み方から法則を見出し、そのルールに則ったアルファベットの読み方を習得。これによって英単語の綴りを見るだけで、ネイティブに伝わる発音ができるようになる、というものです。ケンペネEnglishでは、このフォニックスという指導法を応用したメソッドで、簡単に英語が口から出るように導いてくれます。

読めれば覚える

このメソッドによって、私はケンペネEnglishで使われていなかったはずの単語も、すぐにネイティブと同じように発音ができたんです。読めただけではありません。その単語の「意味」「使い方」を早く覚えることもできました。

日本語でも、例えば「意味」「使い方」がわからない漢字があったとしても、一度読めれば覚えられます。次に遭遇したときも、とりあえず読むことはできるでしょう。それを何度か繰り返していると、今度はこの漢字がどういう場面でこの言葉が使われているのか、ということを自然に考えるようになります。それこそが、その単語の「意味」「使い方」を習得です。

これは読めることをきっかけに、その単語を理解しようというアンテナが増えたため。ケンペネEnglishのレッスン後にどんどん英単語がわかるようになったのは、思ってもみなかった嬉しい出来事でした。

時間を大切にするようになった

時間を大切にするようになった

ケンペネEnglishのレッスンを終えたとき、自分の中で変わったなと思うものがもうひとつあります。それは時間を大切にするようになったことです。

ダラダラ過ごしがちだった

私はケンペネEnglishのレッスンを始める前まで、時間の使い方がうまくできていなかったんです。仕事をしていても集中できず、別のことばかり考えてしまって、結果仕事が終わらないことがよくありました。

プライベートでもスマホでネットサーフィンをしたり、テレビを何時間も見たりして家事は後回し。大事な予定を立てたり、旅行の準備をしたりするのもいつもギリギリでした。自分でも効率が悪いことをわかっていながら、ダラダラと過ごしがちだったんです。

スケジュール管理が得意に

ですがケンペネEnglishを始めてから、意識が変わりました。レッスン時間は1日20分ですが、この短い時間が絶妙で、意識して確保するようにしないと「まだレッスンを受けていないのに今日が終わる…!」となりやすかったからです。なので1日のどこでレッスンをするかを決めたところ、ここでダラダラしてしまったらレッスン動画を見る時間がなくなる、先に家事をしておこう、と思うようになっていったんですね。

時間ほど貴重なものはない

この生活をケンペネEnglishの受講期間(2ヶ月)中、ずっと続けたおかげで、授業が終わってからも時間を有効に使おうと考えるようになりました。ある経営者は、人生の中で最も大事なのは、資産でも名誉でもなく時間だと言っていましたね。ケンペネEnglishがそこまで考えていたかどうかはわからないんですが、英語以外にとても大切なことを教えてくれたんです。

まとめ

まとめ

今は英語がこれまで以上に求められている時代です。その世間の流れで、いろんな英語教材が登場しています。この記事を読んでいる人の中には、他の教材と比べながらケンペネEnglishを検討しているでしょう。

もちろん、無理にケンペネEnglishをおすすめするつもりはありません。ただ、本当にいい教材というのは、授業だけにとどまらない効果をもたらしたり、知識を教えてくれたりするものだと思います。教材選びに迷ったときは、ぜひこの記事を読み返してみてください。

ケンペネEnglishの公式サイトへ TOPページを見る